シニア婚活で注意しておきたいポイント

シニア婚活の場合は男性と女性で目的が違っていますので、それを理解しておきましょう!

2017年09月19日 15時51分

シニア婚活は適齢期の婚活と違って、個別の目的がいろいろあります。
特に男性と女性では、その違いが顕著になりますから、それを理解しておくと婚活がスムーズになります。
 
目的の差が大きい場合は交際していても、すれ違いになりゴールインすることは難しいです。
・こんなはずじゃなかった
・そんなつもりじゃなかった
 
揉めるケースがでてきますが、それを避けるには、あなたがどういった目的で婚活をするのかをハッキリとしておいたほうがいいです。
具体的にどういった目的が多いのか男女別でみておきましょう。
 
男性がシニア婚活で求めていることとは?
シニア層の男性が婚活する理由としては、老後を想定したときに一人では淋しいところがあるのでパートナーが欲しいことが多いです。
話し相手になってもらったり、一緒に食事をしたりできる相手が欲しいのです。
さらに、男性特有なこととして、女性に家事を期待します。
50歳以上の男性は特に家事をした経験がない人も多く、家事をメインに婚活している場合が多いです。
 
また男女の関係の期待もあるようです。女性がそういったことを求めていないかもしれません。
事前に夜の営みのことを話会っておく必要はあるでしょう。
しかし、それを伝えるときのタイミングや言い方には注意が必要になります。
 
女性がシニア婚活で求めていることとは?
女性は一定の年齢を経過すると体の関係に関心を持たなくなります。
どちらかと言いますと、精神的な面の繋がりか、経済力を男性に求めます。
このことは男性と女性で大きく違います。性の不一致になると、離婚になってしまいます。
 
男性側は家事の面も期待していますが、女性は「私は家政婦じゃないよ」と反発する場合もあります。
こんな風に男性と女性には求める条件で認識のギャップが結構あるのです。
 
中には婚活じゃなく、パーティーやサークル活動に参加するだけで満足されることもあります。
話し相手や一緒に食事を楽しむ相手が欲しいならば、これらのイベントに参加すれば満足してしまうのです。